アオダイショウ、ハブ、ヤマカガシを見分けるにはどうするの?無毒ヘビと毒蛇ですから、見分けることが出来れば安心ですよね。それぞれの特徴を調べてみました。

特徴と区別の仕方

まず、アオダイショウとヤマカガシから比べてみましょう。この2種は日本本土のほぼ全域で生息するヘビです。そして、アオダイショウは毒をもたず、ヤマカガシは毒をもつヘビです。

アオダイショウは全長110~200センチメートルにもなり、日本本土では最も大きくなるヘビです。そのカラダは名の通り青みが強い個体もいれば、黒っぽいものも。しかし主には暗黄褐色からくすんだ緑色の個体が多く、この違いは生息地の違いにも関係するようです。ネズミや小鳥、鳥の卵を餌として食べるので、獲物を追いかけて家屋に入りこむこともあります。庭先でアオダイショウに出会ってしまった!という時はおそらく何かしら獲物を追って入り込んできたのでしょうね。

一方、毒をもつヤマカガシ。全長は70~130センチメートルんぼや水辺を好み、主にカエルをとらえて食べています。カラダの模様はアオダイショウと同じく生息地により若干の違いがあり、体の側面に赤と黒の斑紋が入るもの、不明瞭であるもの、青色型の個体もいたりと、さまざまです。このヤマカガシに関しては、毒をもたないヘビだと認識している人も多いようですが、実際には上あごの奥に毒牙、頸部皮下に毒腺をもっています。

アオダイショウ ハブ ヤマカガシ

そして沖縄諸島に生息するハブ。多くの方はご存知だと思いますが、毒蛇です。全長は100~200センチメートル。最大では241センチメートルの個体も確認されています。頭部は大きく、三角形。目の鼻の間にはピット器官という赤外線を感知する器官があります。カラダの模様は黄褐色、黒褐色の斑紋が入っているものが多いです。

基本的には夜行性で、平地や山地、草原、水辺などに生息しています。また、農地やさとうきび畑にも出没することがあるので、現地の方が度々襲われることもあります。

主にはネズミを好物とし、こちらもまた獲物を追って民家に入り込んでしまうこともある模様。ハブは変温動物であることから冬眠はしませんが、気温が低い冬の時期は動きが鈍くなるようです。

スポンサードリンク

まとめ

本土に住んでいる方はハブに出会うことはありませんが、テレビ番組でハブ捕獲の一部始終を見ていると、その攻撃性に驚きます。本土に生息していたら、きっと犠牲者多発です!

スポンサードリンク