この4種、全て日本に生息する蛇です。さて、どのように見分けるのでしょう。

その特徴と違いを見ていきたいと思います。

特徴と見分け方

まずはアオダイショウ。日本に生息する蛇の中で、一番大きく成長する種類です。全長は110~200センチメートル。胴の直径は5センチほど。カラダの色は暗黄褐色ですが生息する地域によって少しずつ違いが見られます。木登り上手で、ペットとして飼育されることが多いです。山口県岩国市には白いアオダイショウ(アルビノ)が守り神として祀られています。

次にマムシですが、強い毒をもつ蛇です。全長は40~65センチメートルで他の蛇に比べると胴は太めです。カラダには銭型と呼ばれる斑紋があります。水辺を好むので夏場の水田で出現することが多いです。仔蛇でもすでに毒をもっているので気を付けましょう。ちなみにアオダイショウは幼蛇の時にはカラダに斑紋があるのでマムシと間違えられてしまうこともあります。比べてみると斑紋の形や胴体の大きさが違うので区別できます。マムシは産卵の際、卵を産むのではなく体内で卵を孵して仔蛇を産み落とします。

アオダイショウ マムシ ヤマカガシ シマヘビ

続いても毒蛇のヤマカガシ。全長は70~130センチメートル。田んぼや水辺を好みます。カラダの模様はアオダイショウと同じく生息地により若干の違いがあり、体の側面に赤と黒の斑紋が入るもの、不明瞭であるもの、青色型の個体もいたりと、さまざまです。以前は毒をもたないヘビだとされていましたが、実際には上あごの奥に毒牙、頸部皮下に毒腺をもっています。

最後はシマヘビです。4本の黒い縦縞が入っています。しっかりしたラインなので、見た目でシマヘビだと分かりやすいですね。全長は80~150センチメートル。この種には黒化型(カラスヘビ)と呼ばれる、体全体が真っ黒の個体がいます。アオダイショウと同じく、ペットとして飼育されることが多い種です。

スポンサードリンク

まとめ

よくよく観察してみると蛇にもいろんな種類があるんですね。よくお勉強して、毒蛇だけには注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク