一般的には冬になれば蛇は冬眠する、というのは多くの方がご存知だと思います。蛇はいったいどのようにして冬眠の状態にはいるのでしょう。また飼育においての蛇の冬眠。気を付ける点は?調べてみました。

冬眠する蛇、しない蛇。

熱帯地域に住む蛇の中には冬眠をしないタイプが存在します。基本的に寒くなければ冬眠する必要がないんですね。それでも気温が低い時は枯れ葉や土のなかに隠れてじっとしています。

アオダイショウは温帯域で生息するので、寒い時期(3~4か月)は冬眠をします。気候が変わり寒くなってくると、土の中や石の下で眠って冬を越し、暖かい春になるとまた目を覚まして活動し始めるのです。

アオダイショウ 冬眠 飼育 方法

飼育しているアオダイショウ。どんな場所で冬眠させるの?

飼育中のアオダイショウ(もしくは他の蛇)を冬眠させるかどうかは飼い主の判断に委ねられます。寒い冬でもケージの中を暖かく保って飼育していけば、必ずしも冬眠させなければならないという必要性はないからです。ですから冬眠をさせない、と決めた時はケージの中の温度調整・湿度調整には十分に気を配りながら飼育することを心掛けましょう。

また、冬眠させるぞと決めた場合。

衣装ケースなどを用意し、その中に腐葉土を入れ、枯れ葉などをかぶせてあげます。空気穴をつくること、水を入れることを忘れずに。冬眠なのですから、間違っても暖房を入れたりする部屋には置かないようにしましょう。ある程度の気温が保てる暗い場所がベストです。ケース内の温度が高すぎたりすると上手く冬眠できないので、時おりチエックして様子を見てくださいね。

実は冬眠をさせるほうが越冬のリスクは高く、うまくいかなかった場合、冬眠中に死んでしまうということも多いのだとか。冬場の天候には十分に気を配り、その都度ケースを移動させて様子をみることをお勧めします。

スポンサードリンク

まとめ

アオダイショウに限らず、ペットとして蛇を飼われている方を見ると、冬眠が必要かそうでないかは意見がわかれます。繁殖や、長生きさせることに影響が出てくるのだそうです。結局は飼い主がどのような思いで飼ってあるかで越冬の仕方がかわってくるのですね。

スポンサードリンク