アオダイショウは北海道から鹿児島の離島までほぼ日本全国に生息する日本固有種の無毒ヘビです。山林や水辺だけでなく農耕地や民家近くも好み、昼行性であることから人目につくことも多く、私たちにとってもっとも馴染みの深いヘビともいえます。

今回はそんなアオダイショウの大きさや模様など、おもな特徴についてまとめてみました。

アオダイショウ 毒 大きさ 模様

アオダイショウは日本固有種の無毒ヘビ

住んでいる場所によって多少の違いはあるものの、私たちにとってアオダイショウは最も身近な存在のヘビともいえるでしょう。私たちが生活圏で目にするほとんどのヘビがアオダイショウである確率は高いと思われます。

幼蛇こそマムシに間違えられることも多いですが、マムシとは違いアオダイショウは無毒ヘビと言われています。

基本的に温和な性格であるため、こちらが攻撃さえしなければ噛まれることも滅多にありません。また噛まれたとしても注射程度の痛みで毒も持っていないので、大騒ぎする必要はないでしょう。とはいえ野生の動物なので、念のため傷口を洗って消毒くらいはしておいてくださいね。

スポンサードリンク

アオダイショウの模様と大きさ

アオダイショウの大きさは約100~200cm。色や模様は地域差や個体差が非常に大きいと言われています。

一般的には黄褐色から青緑の地色が強く、斑紋を持つものもいますが不明瞭でわかりにくいことがほとんどです。また脱皮直前には暗褐色の縦条が表れることもあります。

要するにアオダイショウの成体に関しては、個体差が大きいため模様だけで判断することは難しいということになります。

アオダイショウの幼蛇は成体とは別種類ではないかと思うほど模様が違います。縦縞や斑紋がはっきりと入っていることが多いため、先に述べたようによくマムシと間違えられます

また、山口県岩国市に多くみられるアルビノ種といわれる白い個体は国の天然記念物に指定されています。

まとめ

私が実際に飼ったり見たりしたアオダイショウはいずれも黄褐色から青緑の模様の不明瞭なものばかりでしたが、写真家の知人に見せてもらった写真では「これ本当にアオダイショウ?」というくらい個体差がありました。いつかは岩国のアルビノ種にもお目にかかりたいものです。

スポンサードリンク