アオダイショウはヘビの中でも初心者向きで飼いやすい種類として有名です。そうはいっても初心者としては、アオダイショウ独特の臭いにおいへの心配、また噛まれるのではないかという懸念があるかと思います。

今回はそれらの原因と対処法を調べてみたいと思います。

アオダイショウ 臭い 噛まれた

アオダイショウの臭いにおいの正体とは

アオダイショウは穏やかな性格で飼いやすいのですが、青臭い独特のにおいがダメだという方も多いのではないでしょうか。

特に野生のアオダイショウを捕まえてきた方は、捕獲時に喰らったであろう強烈な臭いにおいに参ってしまい、本当に飼育できるのか不安を覚える方も多いのではないでしょうか。

あの臭いにおいの原因は、尾の基部に直腸、排尿口、生殖口を兼ねた総排出腔とよばれる一対の臭腺から発せられます

主に強いストレスを感じた時や、威嚇時ににおいを出すと言われていますので、環境に慣れたり、無理なハンドリングをしなければ、始終あの臭いにおいに悩ませられることはなさそうです。

アオダイショウに噛まれた時の対処法

初心者にとってヘビに「噛まれる」ということは未知のことでしょうし、恐怖を感じることかもしれません。

ただ結論から述べると、アオダイショウに噛まれたとしてもきっと思っているほど痛くはないです。痛みのレベルでいえば注射とほとんど変わらないくらいなので、痛みに関しては特段心配することはないでしょう。

ただ、ばい菌が入るとよくないので、念のため傷口を洗って消毒くらいはしておいたほうが良いですね。

アオダイショウは温和な性格なので、こちらもにおいと同じく強いストレスを与えたりしなければ滅多に噛まれることはありません。

掃除やハンドリングなどで捕まえようとする際に、目の前に急に手を出したり、また手を出したまま迷ったりしなければ大丈夫でしょう。体のやや後方から、躊躇せず優しくすくいあげるように捕まえるのがコツです。

まとめ

私も野生のアオダイショウを飼っていましたが、飼っている間一度も噛まれたことがありませんでした。やはり本来は温和な性格なので、丁寧に扱えば滅多に噛まれることはないかと思います。

スポンサードリンク